レーザー脱毛でツルスベ美人!福岡のクリニック厳選ガイド

安全で効果バツグン!福岡でおススメのレーザー脱毛クリニックを紹介します

何歳からできる?子供のレーザー脱毛と注意点

子供のレーザー脱毛と注意点について徹底解説

子供でも脱毛を考える人が増えてきています。中には、10歳~中学生くらいで希望する人もいます。希望する部位はほとんどの人が脇下と眉毛です。

レーザー脱毛はエステで行う光脱毛に比べると持続性は高いですが、まだ成長段階にある子供の身体に対する影響はどのようになるのでしょうか。このページでは、子供にレーザー脱毛を行う場合の注意点について解説していきます。

子供のレーザー脱毛は何歳から?

子供のレーザー脱毛は、早くても中学生ぐらいまでは待つのがおすすめです。小学生から中学生ごろまでの子供は、第二次成長を迎えます。それに伴い、皮膚の内部にある毛器官が、思春期のホルモンの影響で発達することにより、毛の変化が目立ちやすくなってしまいます。

中にはできるだけ早くレーザー脱毛をしたい方もいますが、毛の生え方が安定していないため、小学校低学年などの早い時期の脱毛はおすすめできません。

子供は毛の生え方が安定していない

思春期の毛の成長は不安定であるため、時によっては大変濃く見えてしまう場合もあります。毛の生え変わる周期のことを毛周期と言いますが、何歳で毛周期が安定するかは個人差があります。

思春期の子供は毛周期がまだまだ不安定であるため、レーザー脱毛を行ったとしてもなかなかレーザー脱毛が終わらないことも考えられます。毛周期が安定している大人がレーザー脱毛を行うのと比べると、レーザー脱毛を完了するまでの期間が長くかかってしまいます。

子供にレーザー脱毛行うことへのリスク・注意点は?

子供のレーザー脱毛の場合、脱毛完了までの回数が大人に比べるとかかりますが、体が小さい分1回あたりの料金は低く設定されている場合もあります。では、子供にレーザー脱毛を行うことへのリスクはないのでしょうか?

レーザー脱毛は痛みを伴う

レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛に比べると、脱毛効果は高いのですが痛みを伴う場合がほとんどです。そのため、痛みを我慢できない子供の場合はレーザー脱毛が難しい場合もあります。

ただし、病院が導入しているレーザー機器によっては、痛みを感じづらい場合もあります。また、笑気麻酔(※1)などを導入している病院もあり、子供への負担を少なくレーザー脱毛が可能な場合もあります。

※1 国立小児病院麻酔科/小児麻酔におけるdi−Tnbocurarineの使用経験 (Jackson Rees 法 )[pdf]

日焼けに注意

子供がレーザー脱毛を考えている場合、日焼けした肌は脱毛効果が低くなってしまうことがあるため注意が必要です。レーザー脱毛の機器は毛の根もとの黒い色の部分に反応するため、日焼けで肌が黒いと反応しづらくなってしまうからです。脱毛を考えている子供には、しっかりと日焼け止めを塗るなどの対策を行うようにしましょう。

 
福岡で医療レーザー脱毛をするならココ!おすすめクリニックランキング