レーザー脱毛でツルスベ美人!福岡のクリニック厳選ガイド

安全で効果バツグン!福岡でおススメのレーザー脱毛クリニックを紹介します

レーザー脱毛についてよくある質問まとめ

美容医療の中でも、脱毛の分野は医療機器の開発が進み、多くの方が安心・安全に、割安で施術を受けることができるようになっています。

脱毛を受けようか決めかねている方が抱きがちな疑問や質問を集めてみたので、見てみましょう。

レーザー脱毛を受けてみたいけど、なかなか踏み切れない方のために

レーザー脱毛でつるすべの肌をゲットしたら、露出度が高めのドレスや夏の必須アイテムキャミソール、セクシーな水着などさまざまなファッションを自信持って楽しむことができるようになりますよね。でも、「レーザー脱毛を受けてみたいけど、ちょっと怖い…」と思っている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

最新医療機器の導入に伴って、レーザー脱毛はより安全に、より短期間で高い脱毛効果を実感できるようになりました。レーザー脱毛はサロン脱毛と違って医師が対応してくれる医療行為。

患者にとって安全や肌の健康を第一に考えながら施術を行う点で、サロンやエステとは大きく違います。ムダ毛の量が多くて悩んでいる方や短期間で安全・確実に脱毛をしたい方、自己処理で肌トラブルを招きがちな方には、クリニックでのレーザー脱毛をおすすめします。まだレーザー脱毛を受けようか迷っている方のために、よくある質問をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

医療脱毛とエステ脱毛だったら、どっちが痛い?

  • 痛みは「輪ゴムで軽くはじかれたくらい」

レーザー脱毛でもサロン脱毛でも、痛みは「輪ゴムで軽くはじかれたくらい」と言います。それほど痛みに大差はなく、心配するほどのものではないことがわかるでしょう。

  • 脱毛マシンの進化が痛みを軽減

昔は「レーザー脱毛で使用するマシンは高出力だから、サロン脱毛より痛い」と言われていました。しかし、脱毛マシンが進化したことによって、最小限の痛みで脱毛できるようになっています。

例えば、レーザー脱毛マシン「ダイオードレーザー」は高出力なのに毛根にあるメラニン色素だけに反応。皮ふにダメージを与えずに短期間で脱毛することが可能です。また冷却装置が装備されているため、施術を行いながら患部を冷やすことができるようになっています。

  • 痛みが不安な方には麻酔での対応も可

どうしても痛みの感じやすさには個人差がありますし、脱毛する部位によっても異なってくるもの。

レーザー脱毛は医療なので、施術前に麻酔を施すことも可能です。麻酔は、笑気ガス・クリーム・テープ・点滴タイプとさまざまな種類があるので、まずは医師に相談してみましょう。

レーザー脱毛って副作用がありますか?

  • 医療レーザーは「赤外線」。皮膚ガンの心配はなし

日本医学脱毛協会によると、「脱毛用レーザーは表皮から約3~4mmの層にしか届かないため、血管や内臓などに悪影響を与えることはない」と明らかにされています。「皮膚ガンになるのでは?」という心配もありますが、皮膚ガンの原因は「紫外線」です。

レーザー治療に用いられているのは「赤外線」なので、皮膚ガンになることを心配する必要はありません。しかし、デリケートな部位には、施術後赤みやかゆみなどの炎症が生じることもありますから、対処方法を知っておくことは大事です。

  • 赤み・かゆみなどの炎症の対処法は?

施術後から数時間、または翌日にかけて赤みやかゆみ、ヒリヒリ感が生じることがあります。これはレーザー照射の後には避けられないものです。ごく正常な反応と言えるでしょう。

毛根のメラニン色素に反応して毛根組織を破壊するのが脱毛のメカニズムなので、そのダメージが赤み・かゆみ・ヒリヒリ感として現れることがあります。

もともと肌が弱かったり、肌荒れが起きやすかったりする場合は普段から保湿やUVケアを行って、肌状態を整えておくことをおすすめします。

万が一、赤み・かゆみが出てしまっても掻かずに氷や冷却パックなどで冷やし、セルフケアを心掛けましょう。

日焼けすると、レーザー脱毛はできないの?

ほとんどのクリニックやエステサロンが、日焼けした方の脱毛をお断りします。なぜでしょう。

  • 脱毛マシンは「黒いモノ」に反応する特徴がある

脱毛マシンは、黒いモノに反応する特性があります。あまりに黒く日焼けをしてしまうと、脱毛マシンは毛包だけでなく日焼け肌にまで反応してしまうことも。レーザーを毛包に集中させることができないため、効果が半減してしまうのです。

炎症やヤケドにもなりかねないので、施術前の日焼けは避けることが大切です。万が一、日焼けしてしまった場合は無理して施術を行わず、クリニックへ連絡して予約を取り直しましょう。

  • 日焼け肌にレーザー照射すると、肌トラブルの原因に

日焼けした肌にレーザー照射をするのは肌トラブルの原因になる恐れがあります。日焼けした肌は、紫外線の影響を受けて通常よりデリケートな状態になっています。

日焼けはある種、軽いヤケド状態なのです。そのような敏感になっている肌にレーザーを照射すると、さらにひどい炎症を起こしかねません。

  • 施術前も後も、日焼けは避けるべき

このようなことから、施術前後の日焼けは避けるべきだということがわかります。実際、肌を隠せる冬場に脱毛を済まそうとする方が多くいます。

しかし、夏場でもUVクリームや衣類で肌を隠すことによって日焼けを防ぐことができるので、脱毛することはできます。また日焼けの度合いによっても医師の判断は変わってくるので、迷った場合はまず医師に相談してみましょう。

もっとも効果的な脱毛方法は?

AEA(米国電気脱毛協会)では、永久脱毛とは「最後に脱毛してから1カ月後の毛の再生率が20パーセント以下である脱毛法」と定義されています。レーザー脱毛は「高い確率で長期間維持できる脱毛方法」と理解するべきと言えます。

脱毛法の中でもっとも効果が高いと言われているのは「針脱毛」です。たしかにレーザー脱毛より効果がありますが、毛穴に針を刺したあと熱を加えるので強い痛みがあります。また長い施術時間を要するものです。

レーザー脱毛は、2~3カ月のレーザー照射を5~6回繰り返せば脱毛はほぼ完了と言われています。針脱毛に比べると痛みもほとんどなく、半永久的に生えてこない場合がほとんどです。もっとも効果が高く、安全な脱毛方法といえるでしょう。

  • レーザーは毛の成長期に照射するのがベター

レーザー脱毛は、成長期の体毛にしか効果がないことを知っておきましょう。体毛には成長期・退行期・休止期があることがわかっています。退行期・休止期は待って、成長期でレーザー照射をすることが脱毛マシンの効果を最大限に発揮する方法だそうです。

  • 成長期は見極めが困難

毛周期には個人差があるため、体毛の成長期を正確に見極めるのは非常に困難であることがわかっています。部位や人種などによって大きくばらつきが見られるのです。

レーザー脱毛は、おおまかに、2~3カ月という退行期・休止期の後に照射するのが望ましいと言われています。クリニックに通うタイミングは2~3カ月に1回がベストです。

VIOラインはレーザー脱毛がいい?

最近は、デリケートゾーンを脱毛する女性が増加。その中でも、短時間で安全に行えるレーザー脱毛を選ぶ方が増えています。

どうしてVIOラインにはレーザー脱毛を選ぶ人が多いのでしょうか?

  • 効果が高いので、少ない回数で半永久的

デリケートな部分は、できるだけ通う回数を減らして効果的に脱毛したいものです。レーザー脱毛なら効果が高いので、サロン脱毛の半分の回数で脱毛を完了させることができるようです。

ラインなら5~7回、IOラインなら8~10回が平均回数。デリケートゾーンを全て永久脱毛するのではなく毛量を減らしたいだけの方なら、2~3回でも十分な効果を得られます。

  • 安心・安全に、希望通りの脱毛が可能

医療レーザー機器は照射口の広さを調整して、1人ひとりの希望に沿ったデザインに脱毛することが可能です。またレーザーを照射した時、痛みが強かった場合は出力も調節することもできます。

またレーザーを照射しながら迅速に冷却することもできるので、安全に施術を受けることができます。サロンとは違い、クリニックでは医師がきちんと診断をしながらすすめるので、肌の状態を確認しながら安心して受けることができますよ。

  • 専門医によるアフターケアを受けられる

確かに、レーザー脱毛は一般的なサロン脱毛に比べて費用は高め。しかし、皮ふ科の専門医が診断してくれることや医薬品によるアフターケアを行えることを考えると、安心・安全に勝るものはありません。

手足はサロンで脱毛し、デリケートゾーンだけはクリニックのレーザー脱毛でケアする方も多いのだとか。自分の予算に見合ったプランで部位ごとにクリニックに通うのも、無理せずキレイを目指せる方法ですね。

 
福岡で医療レーザー脱毛をするならココ!おすすめクリニックランキング