レーザー脱毛でツルスベ美人!福岡のクリニック厳選ガイド

安全で効果バツグン!福岡でおススメのレーザー脱毛クリニックを紹介します

福岡の医療レーザー脱毛クリニックランキング » 知りたい!医療レーザー脱毛のホントのトコロ » レーザー脱毛をできるだけ効果的に行うための事前準備のポイント

レーザー脱毛をできるだけ効果的に行うための事前準備のポイント

効果的なレーザー脱毛を行うために!事前準備のポイント

レーザー脱毛は、医療機関のみで施術可能な脱毛方法です。美容脱毛と比べると効果は高い傾向にありますが費用も高額です。高いお金をかけるのであれば、少しでも高い効果があればいいと思いませんか?このページでは、レーザー脱毛をできるだけ効果的に行うための事前準備のポイントを解説します。しっかりと準備をしておくことで、より効果的にレーザー脱毛を行いましょう。

前日までにしておくこと・注意すること

レーザー脱毛の施術前日までに気をつけておかなければいけない点がいくつかあります。より効果的にレーザー脱毛を行うためにチェックしておきましょう。

日焼けをしない

レーザー脱毛は、医療機関が導入しているレーザー脱毛器の種類によっては、日焼けをした肌への脱毛効果が低くなってしまうものもあるため、極力日焼けをしない方がいいでしょう。レーザー脱毛の多くは、毛の「メラニン色素」といわれる黒い部分に対して反応して、毛の組織を破壊することで脱毛を行っているため、肌が黒いと毛の黒い部分に反応しづらくなってしまうからです。

日焼けした肌でも脱毛可能な機器を導入している医療機関もありますが、少し効果が弱い傾向にあるため、できれば日焼けをしていない白い肌に対して行うのがおすすめです。

毛の処理

施術までに毛の処理をしておくべきかどうかは、医療機関によって対応が異なります。そのため、どうすればいいのかを必ず確認しましょう。

もし、毛の処理が必要な場合は抜かずに剃るのが鉄則です。毛を抜いてしまうと、毛穴の中に毛が残っていないため、レーザーの光が反応せず、脱毛できないからです。脱毛クリームであれば毛は残りますが、肌への負担が大きいため、避けた方がいいでしょう。

剃る場合は、肌を傷つけないように丁寧に処理を行いましょう。処理後には保湿をしっかりと行っておくのがポイントです。

持病・薬の服用

持病がある場合や薬を服用している場合は、事前に医師に相談をしておきましょう。服用している薬の種類によっては、脱毛効果が低くなってしまう場合もあるからです。服用してから1・2週間開けた方がいい種類の薬もあるため、脱毛を行う医療機関に相談するのは鉄則です。

これとは逆に、レーザー脱毛を行う医療機関から薬が処方された場合は、忘れずに服用しましょう。

また、持病がある場合も事前に相談をしましょう。特に、極度の光線過敏症や金属アレルギーがある人はレーザー脱毛ができない場合があるからです。

予防接種

予防接種を行った後からレーザー脱毛までは2週間程度開ける方がいいでしょう。予防接種後は体が弱っているため、火傷や炎症を起こしやすくなってしまうからです。

レーザー脱毛当日に気をつけること

レーザー脱毛当日にも気をつけた方がいい点を簡単にまとめました。

服装

エステサロンなどと違って、着替えが用意されていないこともあります。脱毛する部位を出しやすい服装で行くのがおすすめです。施術後にクリームを塗ったり、肌が敏感になってしまうこともあるため、ゆったりした服装がおすすめです。

避けた方がいいこと

脱毛期間中は、制汗剤の使用を控えた方がいいでしょう。制汗剤の成分が毛穴に入ってしまうことで脱毛効果が薄れてしまうことが考えられるからです。

忘れずに使用したいもの】】

レーザー光線は黒いものに反応するため、瞳に反応してしまうことも。目に悪影響を与えてしまうので、必ず保護メガネを着用して施術をうけましょう。

持参したほうがいいもの

顔のレーザー脱毛を行った場合、施術後顔に赤みが出てしまうこともあります。隠したり保護したりするために、マスクを持参することをおすすめします。

 
福岡で医療レーザー脱毛をするならココ!おすすめクリニックランキング