レーザー脱毛でツルスベ美人!福岡のクリニック厳選ガイド

安全で効果バツグン!福岡でおススメのレーザー脱毛クリニックを紹介します

危険性はないの?

ここではレーザー脱毛にともなう代表的なリスクを紹介します。

レーザー脱毛による危険性、リスクは

レーザー脱毛は安心・安全に行なえる施術ですが、全くリスクがないというわけではありません。ほとんどの場合施術直後に、肌に赤みやヒリヒリ感が伴います。肌の弱い方の場合はこれらの症状が強めに残ることも多いです。

レーザー脱毛によるリスク一覧

以下にレーザー脱毛によるリスクをまとめて紹介します。

火傷

レーザー脱毛は黒色に反応して熱を毛母細胞に送り、毛を処理する施術です。通常は高いエネルギーを照射しないように行なっていますがが、極端に肌が黒い方の場合、その部位で熱交換されてしまい、火傷になってしまうケースがあります。

毛嚢炎(毛包炎)

太い毛を処理したとき、特にVラインなどで起きやすい現象で、いわゆるニキビのような状態です。毛とその周囲に火傷があり、痒みがあります。爪でひっかいてしまと皮膚表面の菌が毛穴に入ってしまい、炎症を起こします。

施術直後に雑菌が入りやすいような温泉や銭湯などに行った場合もなりやすいので控えましょう。

炎症性浮腫

毛穴まわりの皮膚に炎症が起こることで、軽度の腫れやむくみが起こります。レーザー脱毛ではほとんどの方に起きるものであり、軽度のものは心配ありません。炎症を抑える軟骨を処方されることが多いので、症状もおさまりやすいです。

医療機関ならトラブルも安心です

レーサー脱毛にはこのようなリスクが確かに存在しますが、必要以上に怖がる必要はありません。

通常何かしらのトラブルが起きたら、医療機関ではすぐに対応が可能です。軽い火傷があったとしても処方されたお薬で治すことができます。

また、レーザー脱毛によるリスクやケアを包み隠さずに契約前にきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。そのようなクリニックならトラブルが起きたい場合、責任をもって治療やアフターケアを行ってくれるからです。

レーザー脱毛の際に痛みはあるの?

痛みの感じ方には個人差がありますが、医療レーザー脱毛を受けた方は「弾かれたような痛み」や「油がはねたような痛み」を感じる方が多いようです。

同じ脱毛でも、エステの場合は出力の弱い光脱毛なので、熱い、少し痛い程度の痛みですむようです。

なぜ痛みを感じるの?

レーザー脱毛は毛が生える元となる毛母細胞にダメージを与えることで、毛が生えてこなくする施術です。毛にダメージを与える施術ですが。毛根周辺の皮膚にも熱が使わるので痛みを感じてしまうのです。

また生理前の肌が敏感な時期であったり、日焼けをして肌にダメージがある状態だったりした場合、さらに痛みを感じやすいと言われています。

痛みを感じやすくなる理由

日焼け

日焼けをすることによって肌の内部では多くのメラニン色素が生成されると言われています。このメラニン色素は黒色色素と呼ばれており、肌が黒くなる原因とされています。レーザーは一般的に毛根の黒色に反応しているので、メラニン色素の増加した肌にはレーザーが強く反応してしまいます。そのため痛みを感じやすくなったり、肌全体の炎症が長引く可能性もあります。

クリニックによっては日焼けした肌や色黒の方の施術自体を断る場合もありますので、カウセリングの際にしっかりと確認しておきましょう。

乾燥肌

肌が乾燥してる状態は、細胞同士のクッションになると言われている水分が足りない状態です。そこにレーザーをあててしまうと、熱を吸収してくれないため、皮膚へダイレクトに痛みが伝わってしまいます。脱毛している間は普段よりも特に保湿には気をつけましょう。

生理中

生理前の肌も普段とは違う敏感な状態になっているため、痛みを感じやすくなると言われています。またホルモンバランスが乱れており、乾燥や肌荒れを起こしやすい時期と言われています。そして衛生上、生理中はVIOの施術はできません。

痛みを感じやすい部位

VIOや脇

VIOや脇は腕などに比べて太い毛が生えている部分です。とくにVIOは黒ずみやすい部分でもあり、毛が密集して生えているため特に痛みを感じやすいと言われています。

皮膚が薄い部分

細い産毛でも痛みを感じやすい場所があります。それが顔や指の部分です。この場所は皮膚が薄いため、関節や骨にも痛みが伝わりやすいと言われています。また産毛の脱毛をする際には出力を上げる必要があるので、肌への刺激も強いものとなります。

クリニックだからこそできる痛み軽減法

しかし病院でできる医療レーザー脱毛ならではの軽減方法があります。そこで痛みを軽減するために行われている方法をご紹介します。

毛質によって機械を使い分ける

レーザー脱毛器には様々な種類があります。クリニックによっては複数の機械を導入しているところがあり、ひとりひとりの毛質や肌質に分けた機械を選択してくれます。たとえば以下のようなレーザー脱毛器があります。

・ライトシェア・デュエット

ダイオードレーザーを使用した機械です。毛根細胞に直接熱を与えます。波長が短く日本人の肌に適していると言われます。広い照射口で照射することにより、痛み、打ち漏れ、痛みなどの危険を軽減することができます。

・メディオスターNeXT

こちらも日本人の肌質に適していると言われています。肌全体に蓄熱させる蓄熱式の脱毛方法なので痛みを軽減できるとされます。

・ジェントルYAG

YAGレーザーを使用した脱毛器です。毛根の細胞に直接熱を加え破壊します。波長が長いので色黒の肌や色素沈着した部位の脱毛に適しているとされます。

出力を下げる

レーザー脱毛器は、段階的な出力が可能です。そのため痛みが強いと感じたら、出力を下げてもらうことができますので、我慢せずにスタッフに伝えましょう。

出力を下げると効果もその分下がってしまうのでは?と思う方も多いと思いますが、痛みが強く感じるほどの出力は肌にダメージを与えてしまいます。せっかくキレイになるために脱毛をうけているので、それでは逆効果ですよね。そのためひとりひとりに合った適切な出力で脱毛を行うのが大事なのです。

徹底した冷却

施術前、施術中に冷却を行うことで、炎症や痛みをおさえることができます。また機能希望によっては施術後もしっかりと冷却を行います。

どうしても痛みが気になる方向けの麻酔

医療機関ならではの痛み軽減方法としては麻酔が挙げられます。極限まで痛みを抑え、ストレスの無い施術をしてもらうための方法です。クリニックによって取り扱っている麻酔が違いますので、カウリセリングの際に確認しましょう。

・麻酔クリーム

照射部分に塗る麻酔です。塗ってから30分ほど経たないと効いてこないので、使用之際は事前に予約しましょう。麻酔クリームに含まれる成分にアレルギーを持っている方は、アレルギー反応を起こす可能性があります。もし麻酔でアレルギーを起こしたことがある方は伝えておきましょう。

また一度に塗れる範囲が決まっていますので、全身脱毛を希望している場合は一番痛みの強い場所に塗るか、他の部位を後日にしてもらいましょう。価格はクリニックによって異なりますが、1回3,000円~5,000円程です。

・笑気ガス

ガスタイプの麻酔で、機械で鼻から吸入します。歯科医でも使われており、マスク装着後30秒ほどでお酒に酔ったような状態になります。痛みそのものを感じにくくなり、そのまま寝てしまう方も多いとされます。麻酔の効果はガスを吸入している間だけで意識はあり、問いかけにも応えることができます。頭痛や吐き気が表れたり、妊娠中の方は使用することができません。

価格はクリニックによって異なりますが1回3,000円程です。

・麻酔テープ

薬剤のついてテーブを施術部位に貼ります。クリームよりも薬剤の量が少ないので効き目が弱めです。

・静脈麻酔

点滴タイプの麻酔です。鎮痛作用は一番高いといわれ、全身麻酔なので寝ている間に脱毛終わります。しかし全身麻酔なのでリスクもあり高価なこと、女性の脱毛ではそこまでの鎮痛効果は必要ないことなどから、女性向けのクリニックではほとんど行っていません。

ただし男性のヒゲ脱毛はかなり痛いとされるので、男性向けの脱毛を行っているクリニックでは取り扱っている場合があります。価格は1回1万円~数万円ほどです。麻酔をした日は運転禁止など生活に制限がかかります。

痛みが残る場合は薬の処方も

施術後にヒリヒリにした感じや痛みが残る場合には、薬が処方される場合があります。またクリニックによっては医療レーザー脱毛によって生じた肌トラブルにおける対応は無料のところがあります。薬や治療費が無料なのはもちろん、毛が増えたり太くなってしまった場合には追加照射が無料な場所もありますので事前に確認しましょう。

普段の生活から気をつけることは?

まずは日焼け対策です。脱毛後の肌はダメージを受けた状態なので、少しの紫外線でも日焼けをしやすくなっています。紫外線の強い春夏だけでなく、秋冬もしっかりと紫外線対策をしましょう。

また肌の保湿も大事です。肌の水分量が増えればレーザーの波長が通りやすくなるとされます。そのため脱毛後だけではなく、普段からスキンケアをしっかり行うことが重要です。特別なものを使用しなくても普段使用している化粧水や乳液で、脱毛した部分にしっかりと塗りこみます・

さらに照射後の肌がとても敏感になっていますので、自己処理でも剃毛は1週間は控えましょう。処理する場合でも肌に優しい電気シェーバーが推奨されています。特に毛抜きを行うと、次の脱毛効果が得にくくなるとされているので控えましょう。 

関連するページ

 
福岡で医療レーザー脱毛をするならココ!おすすめクリニックランキング