レーザー脱毛でツルスベ美人!福岡のクリニック厳選ガイド

安全で効果バツグン!福岡でおススメのレーザー脱毛クリニックを紹介します

レーザー脱毛がワキガに効果あるって本当?

ワキガとレーザー脱毛の関連性

ワキのにおいの大きな原因のとなるのは、毛穴の毛根部分に多く繁殖する皮膚の常在菌です。

ワキ毛には、汗を溜めるクッションのような役割があります。ワキ毛の脱毛をしていない場合、ワキ毛によってワキの下の湿度を高めてしまい、細菌を繁殖させてしまうのです。この細菌の繁殖が、においを発生させる原因となっています。

そのため、レーザー脱毛でワキ毛をなくすことは、においを軽減させることにもつながるのです。

【参考】

レーザー脱毛をしたらワキのにおいが気になる理由


一般的に、レーザー脱毛でワキ毛をなくすことは、ワキのにおいを抑制するのに効果的だと言われています。しかし、「レーザー脱毛をしてから、さらにワキのにおいが気になりはじめた」という方も多く存在します。

レーザー脱毛後にワキのにおいが気になる場合、そのにおいの多くは、ワキガのにおいではなく汗のにおいです。レーザー脱毛が原因で、ワキガになったり、ワキガのにおいが強くなることはありません。

脱毛後にワキのにおいが強くなる原因は、ワキの毛穴にあります。脱毛するまで毛が生えていた箇所の毛穴は、毛がなくなることによって、皮脂や垢がたまりやすくなります。

これらの皮脂や垢が酸化して、強いにおいを発生させているのです。そのため、レーザー脱毛後にワキのにおいが気になり始めたという方は、一度ワキの毛穴をチェックしてみると良いでしょう。

ワキの毛穴から、白くヌルッとしたものが出る場合やワキに黒ずみがある場合、ワキの毛穴をキレイにするケアをしっかりと行うと、においが軽減されます。

レーザー脱毛をしたらワキ汗が増えるのは本当?


レーザー脱毛をしたら、ワキ汗の量が増えたと感じる方が多くいるようです。これは、ワキ毛がなくなったことによって、汗を感じやすくなったのが主な原因です。

また、ワキ汗を気にし過ぎて、ワキに意識を集中させてしまい、精神的不安から汗の量が増えた可能性もあります。精神的不安から汗が出ている場合、一気に大量の汗が出てしまう上、汗の濃度も高くなります。これを気にしてしまうと、さらに汗の量が増えるという悪循環になります。

精神的な不安からくる発汗のにおいを抑えるには、制汗スプレーやデオドラント剤などを活用するのが効果的です。また、抗菌や消臭効果などのあるミョウバンなどもおすすめです。ただし、これらはあくまでも一時的な対処法です。

高い即効性や持続性を求める方には、病院で受けられるワキガ治療のボトックス注射がおすすめです。

 
福岡で医療レーザー脱毛をするならココ!おすすめクリニックランキング